個人情報の管理は厳重に

医療現場では常に、個人情報の管理などを徹底していると思います。特に病院では日々多くの患者さんの情報を抱えていますから、「いつも、個人情報の扱いには気を付けている」という方も多いでしょう。看護師に方も、患者さんと接する際や書類作成時などには気を使っている方も多いでしょう。

近年では個人情報の管理に、マイナンバーが導入されてきています。そこで医療現場でのマイナンバーの注意点には、どのようなことがあるでしょうか。まずマイナンバーというのは患者さんがどこの病院にかかってきたか、どういった治療をしているのか、どういった薬を処方されているのかといった医療に関わる情報などを確認することが出来ます。しかしマイナンバーは医療に関わる情報だけではなく、患者さんの様々な個人情報も管理されていることになります。ということは、万が一マイナンバーを誰かに見られてしまえば、悪用されてしまう可能性もあるということです。そのため日頃から患者さんと接する際、書類を作成する際にはマイナンバーの個人番号をどこかに書き写したりせずに、カードなどが他者から見えない様に管理していくことが基本となります。もちろんマイナンバーは法令で認められた際にしか使用することは出来ません。しかしどこで誰が見ているかわからないため、大切な患者さんの情報管理はしっかりと徹底していくことが必要となります。

このように看護師の方は職業上、人のマイナンバーを扱う仕事となりますから日頃から管理をしっかりと行っていくことが大切となります。「少しの間なら、大丈夫だろう」「控えておけば、問題ないだろう」と管理を杜撰にしていると、個人情報が漏れてしまう可能性がありますから細心の注意が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です