そもそもマイナンバー制度はどういったも目的で作られたかというと、税金対策や災害対策、社会保障対策のために取り入れられた制度となります。現在ではまだ医療現場などでのメリットを得ることは出来ませんが、これから様々な情報が関連化され、医療現場でも「マイナンバー制度があると、便利だなぁ」と感じることが出来るでしょう。

一方で便利なマイナンバーにも問題点があります。将来的に医療現場では、マイナンバーにより患者さんの過去の通院歴などを知ることが出来ます。こういった情報を知ることが出来れば、治療方針や薬を処方する際にもとてもスムーズに行うことが出来ますよね。しかしこれらの情報が確認出来るということは、「人には知られたくない」といった情報もマイナンバーカードにより知られてしまうということが問題点として挙げられます。例えば患者さんの中には、中絶手術をした方もいれば、美容整形手術などを行った方もいるでしょう。マイナンバーが活用されるようになれば、これらの患者にとって知られたくない情報まで、病院側に知られてしまうことになります。美容整形手術等の場合には、自由診療であれば情報が残ることはありませんが、保険適用となっている場合には、全て情報として残されてしまうことになります。こうなると患者さんにとっては「マイナンバーの情報を、あまり見られたくない」と思われる方も多いでしょうし、情報流出を心配する方も増えてくるでしょう。

このように医療現場でもマイナンバーカードの活躍は期待されるものではありますが、一方では問題点もあります。患者さんの不安を取り除くためには、医療関係者の徹底した管理が求められるでしょう。